スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ござりんす

2009年12月22日 00:29

JIN終わっちゃいましたね…

最終回よかったです
いかにも「続きは映画館で!」みたいな終わりかたはちょっと疑問だけども、某局だから仕方ない。

いやーでも、すごいドラマだった!!
もういっぺん最初から見返したいです
再放送しないかな。


最初はなんだかへんなかおだな!などと思っていたOさわ仁先生が
今じゃ可愛くて仕方なく思えてしまうふしぎ。
役者さんのパワーですかね…
いや実際仁せんせいはかわいい。かわいい。
なんたって日の本の宝ですもの…


ちょっと長いけど萌え語り。









今まで11回ぜんぶ素晴らしい出来だったもの。
すっごく楽しかったし、ドキドキしたりぞくぞくしたり
もうずっと夢中になって観てました。

見るたびに毎回一度はどこかしらで泣かされてきましたが
今回は先生と野風の別れシーンで涙腺がぶっ壊れましたようおお…!!!
ここに至るまでに散りばめられてきた、いろんな台詞やキーワードがぎゅっと集まって…
良かった…良かったねえええ!!!とボロ泣きでした
みんな良い人すぎる。幸せになってほしいよ…

せんせいは恋人を現代では助けることが出来なかったけど、
ミキさんはきっと江戸時代に生まれ変わったんだね…

ちょっと変なこと言ってますがそんな印象でした。
万華鏡のたとえ話好きだなあ、
隣り合う珠が変わって、違う模様が見えるようでも、筒の中にある珠はいつも同じ、というやつ。
せんせいとミキさんが隣り合う未来ではなくなってしまったけど
同じ世界の中に居るから
「きっとまたいつか逢えるから、いいよ」
ということなんでしょうね・・・たぶん。
つまり一話で答えは出ていたのだな・・・・

現代での恋人、というエッセンスはドラマオリジナルだそうですが、
だとしたらかなり素敵に上手く美味くまとまったと思います。



JINは腐った目で観ようとおもえばいくらでもネタはあるんだけど
何かこう…皆それぞれ大好きでいい人で、それが嬉しくって終わっちゃうな
みんなせんせいのこと好きすぎますよねーw
みんなで仁せんせー囲んでキャッキャほのぼのしてたらええと思います。


てかさっきからオープニングテーマと主題歌流してるんですが
例の盛り上がりんとこで思い出し泣き…うおおおおおん


終わっちゃったんだなあと思うと寂しいです
いや続編があるのは分かってるんだけどね…
映画化ったって一年後くらいだろうし、出無精の私が劇場まで行くとも思えないですし(笑

日曜日の楽しみが…はあ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。