スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年01月25日 22:13

あのひとのように高く高くは飛べないけれど

アシタカとナウシカは似ていますが
違う点があるとしたら
「空を飛ばない」ことかなあとか。



怪我人背負って汗だくで山道登ったり
サン抱きかかえたままエボシを止めようとして水の中さぶさぶ歩いていったり。
アシタカってなにかというと不格好で不器用なことばかりしている気がする。

置いていけばいいのに
どちらか捨ててしまえば楽なのに
優しいからそういう器用なことが出来ないんですね。たぶん。





とまあ
このあともものすごく長い考察というか妄想を吐き出してたんですけど
「そりゃねーよwwww」てことでブラウザさんにぶっちぎられましたwwww


もう…折れるわ orz



つまりアシタカは空を飛ばないし飛べませんが
それはマイナスなことじゃなくって、彼なりの美しい生き方なんだろうなと思うわけです。

ナウシカは高く高く飛ぶ鳥のような人だけども
アシタカは草の根のような人だなと。

…いいかげん恥ずかしくなってきた。





ちなみにこれ描いてるときにスキマの「雫」を聴いてたんですが
歌詞がすごい妄想にマッチしてきて困ったw

たしかエリンのEDなのか…良い歌です



「背中にあった翼は 今やもう必要ない
 これからは大地を踏みしめて 君を抱いて歩いて行こう」



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。